プリンセスプリンセス『M』の歌詞のすごいところ!

こんにちくちびる👄

ジョーです!!

 

今回はプリンセスプリンセス『M』の歌詞の一部分にある発見をしたのでそれを紹介したいと思います!

世代的には僕より全然上の曲ですが……笑

 

まずは聴いてみてください!

 

続いて歌詞です!

いつも一緒にいたかった
となりで笑ってたかった
季節はまた変わるのに
心だけ立ち止まったまま

あなたのいない右側に
少しは慣れたつもりでいたのに
どうしてこんなに涙が出るの
もう叶わない想いなら
あなたを忘れる勇気だけ欲しいよ

You are only in my fantasy
今でも覚えているあなたの言葉
肩の向こうに見えた景色さえも So once again
Leavin'for the place without your love

星が森へ帰るように
自然に消えてちいさな仕草も
はしゃいだあの時の私も

いつも一緒にいたかった
となりで笑ってたかった
季節はまた変わるのに
心だけ立ち止まったまま

出会った秋の 写真には
はにかんだ笑顔ただ嬉しくて
こんな日がくると思わなかった
瞬きもしないで
あなたを胸にやきつけてた恋しくて

You are only in my fantasy
あなたの声聞きたくて
消せないアドレスMのページを
指でたどってるだけ So once again
Leavin'for the place without your love

夢見て目が覚めた
黒いジャケット後ろ姿が
誰かと見えなくなっていく So once again
You are only in my fantasy

星が森へ帰るように
自然に消えて ちいさな仕草も いつまでも
あなたしか見えない 私も

今回着目するのは次の部分です。

星がへ帰るように
自然に消えてちいさな仕
はしゃいだあの時の私も

 

上記の赤い部分、お気づきの方もいるかもしれませんが、全て植物のイメージになっているのです。

 

作者が作詞の際にここまで考えているかは分かりませんが、テクスト論的観点から考えるとこのようなことまで見えてきます。

 

短いですが、今回はここまでです!

みなさん、さよならリップ💋